早くも出てきた“サンチョ2世”候補 ドルトムントが目をつけるマンCの若きFW

マンCのアカデミーに所属するギテンス photo/Getty Images

サンチョと同じルートを辿るのか

イングランドでプレイする若者にとって、ブンデスリーガのドルトムントは特別なクラブになりつつある。

ドルトムントではイングランド代表FWジェイドン・サンチョがワールドクラスのアタッカーへと成長を遂げているが、これはドルトムントが積極的に出番を与えたからだ。

仮にサンチョがマンチェスター・シティに留まっていれば、ブレイクはもう少し遅れていた可能性がある。

今夏にはバーミンガムでプレイしていた17歳MFジュード・ベリンガムがドルトムント移籍を決断。サンチョに続き、イングランドのヤングスターがドルトムントへ向かうことになったのだ。サンチョ効果が出ているのは間違いない。

ドルトムントの方も、イングランドに優秀な若手が揃っていると手応えを感じたのだろう。さらに若い世代のプレイヤーに関心を示しているのだ。

英『Daily Mail』によると、現在ドルトムントのターゲットになっているのはマンCのアカデミーに所属する15歳のジェイミー・バイノー・ギテンス。

左のウイングを本職とするギテンスは、まさにサンチョの後継者と呼ぶにふさわしい存在だ。

ドルトムントでの大ブレイクによってサンチョはビッグクラブの注目の的になっており、近いうちにドルトムントを離れる可能性が出てきている。その長期的な後継者候補がギテンスということなのだろうか。

ギテンスにはパリ・サンジェルマンも関心を示しているようだが、ドルトムントがレースをリードしているという。

ギテンスにとってもサンチョの例に続くのは悪いアイディアではない。またイングランドからドイツへタレントが流出することになるのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ