ラノッキアの相棒は吉田麻也だ スーパーブロック高評価で週間ベストイレブンに

サンプドリアの吉田 photo/Getty Images

執念のスーパーブロックも高評価

結果的にはユヴェントスが2-0で勝利し、9シーズン連続のスクデットを獲得することになった。

しかし、26日のユヴェントスVSサンプドリアの一戦で特別な輝きを放った日本代表DF吉田麻也を忘れてはならない。

吉田は試合終了まで諦めず戦い続け、終盤には相手のシュートをゴールライン上ギリギリでスライディングブロックするアクロバティックプレイも披露した。その活躍は高く評価されており、データサイト『WhoScored』は週間ベストイレブンのセンターバック部門に吉田をチョイスしている。

相棒はジェノア相手に3-0の勝利を収めたインテルからDFアンドレア・ラノッキアが選出されており、センターバックの週間ベストイレブンは吉田とラノッキアのコンビとなった。

他には、右サイドバックにイブラヒマ・エムバイェ(ボローニャ)、左サイドバックにエドゥアルド・ヒサイ(ナポリ)。

中盤はセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチ(ラツィオ)、フィリッポ・ファルコ(レッチェ)がボランチ、デヤン・クルゼフスキ(パルマ)、ムサ・バロウ(ボローニャ)がウイングに。

前線2トップはインテルのロメル・ルカク、得点王レースをリードするラツィオのチーロ・インモービレの2人が選ばれている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ