大一番を前に頼もしい男が帰ってくるか アーセナル守護神がトレーニング再開

今季終盤戦に負傷離脱を強いられていたレノ photo/Getty Images

FAカップ決勝には間に合うか

今季はプレミアリーグを8位で終え、不本意なシーズンを過ごすこととなったアーセナル。しかし、タイトルを獲得する最後のチャンスに向けて嬉しいニュースが飛び込んできた。正守護神が元気な姿を見せている。

その正守護神とは、もちろん今季リーグ戦でガナーズのゴールマウスを30試合守ったGKベルント・レノだ。2019-20シーズンに苦戦を強いられた中で好パフォーマンスを連発し、アーセナル最後の砦としてリーグ7位の113セーブを記録した同選手。だが、6月に行われた第30節ブライトン戦で右膝靭帯を損傷すると、彼はそのまま残り試合を欠場。終盤戦は第2GKであるエミリアーノ・マルティネスが代役を務めていた。

負傷当初は再びトレーニングへ戻るまでに、約6週間ほどの時間を要するとされていたレノ。しかし英『THE Sun』によると、ブライトン戦からわずか4週間ほどで彼はボールを使用してのトレーニングを再開したという。最悪の事態を想定していた人もいただろうが、ドイツ人守護神の回復は周囲の予想以上に早いようだ。

そうなれば、気になってくるのは現地時間8月1日に行われるFAカップ決勝チェルシー戦の出場可否。レノの離脱中に代役を務めていたマルティネスも出場したリーグ戦9試合で好パフォーマンスを披露していたが、アーセナルにとっては今季タイトルを獲得するラストチャンス。それだけに、できれば正守護神をスタメンに指名したいところかもしれない。

同メディアは「さすがに出場は厳しいか」としているものの、この驚異の回復速度ならば大一番でレノが出場する可能性もゼロではないか。チェルシー戦のスタメン選び、ミケル・アルテタ監督は大いに頭を悩ませることとなるかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ