またまた“C・ロナウド2世”が登場 アーセナルが興味を示す17歳の逸材

ポルトガル世代別代表のフェルナンデス photo/Getty Images

スポルティング・リスボンの逸材

ポルトガルからは次々とクリスティアーノ・ロナウド2世と呼ばれる若者が出てくるが、またまた市場を盛り上げるロナウド2世候補が出てきた。

バルセロナ、ユヴェントス、さらにはアーセナルも関心を示しているとされるのがスポルティング・リスボンでプレイする17歳のFWジョエルソン・フェルナンデスだ。

ポルトガルの世代別代表でもプレイしてきたジョエルソン・フェルナンデスは、ポルトガルらしいウイングを本職とするアタッカーだ。U-23のカテゴリーを中心にプレイしていたが、この7月にはトップチームデビューを果たした。

アーセナルはかなり強い関心を示しているようだが、英『METRO』によれば現段階で契約解除金は4000万ポンドと高額に設定されている。

さらにスポルティング側はジョエルソン・フェルナンデスとの契約を2025年まで延長し、この契約解除金を倍増させる考えがあるのだとか。17歳ながらその評価は異様なほど高い。

本家クリスティアーノ・ロナウドは2003年にスポルティングからマンチェスター・ユナイテッドに加入し、そこでスーパースターとなった。

クリスティアーノ・ロナウドにはアーセナル移籍へ近づいた過去があるとも言われており、サポーターの中には悔やんでいる者もいるだろう。英『The Sun』もジョエルソン・フェルナンデスのことをNEXTロナウドと呼んでいるが、その才能が本物なら今度こそしっかり確保したい。

17歳時点でこの注目度であることを考えると、ジョエルソン・フェルナンデスが欧州五大リーグでプレイする日もそう遠くはないだろう。また出てきたNEXTロナウド候補の行き先に注目が集まる。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ