スコットランドで覚醒した南米産FW 今夏22歳の“怪物”候補はどこへ行く

レンジャーズで得点を量産しているモレロス photo/Getty Images

同僚は必死の引き留め

スコットランドで輝く22歳の南米産FWは今夏さらなるステップアップを図るのか。スコティッシュ・プレミアリーグの古豪グラスゴー・レンジャーズに所属する若きストライカーの慰留にチームメイトは必死だ。

その若きストライカーとは、コロンビア代表FWアルフレッド・モレロス。2017年夏にレンジャーズへ加入し、移籍初年度となった昨季いきなり公式戦48試合で30ゴールを奪った同選手。今季も48試合に出場し29ゴールと、その好調ぶりを継続している。

もはや今ではレンジャーズにとって欠かせない存在となったモレロス。しかし、そんな同選手には残り契約期間があと1年を迎えた今夏移籍市場でビッグクラブから引き抜きの噂が。本人としても、そろそろステップアップを考える時期だろう。

しかし、やはりチームメイトはエースがクラブを去ることを望んでいない。レンジャーズのベテランMFウティーブン・デイビスはモレロスを全力で慰留するためにクラブは全力を尽くすべきと訴える。さらに、レンジャーズにいれば彼はいずれFWとして最高のレベルに到達することもできると次のように語った。

「もちろん、アルフレッドにはチームに留まってほしいよ。過去2シーズンで彼が挙げたゴールの数を見てみてほしい。彼は全ての面で加入時より10倍成長したよ。そして、さらに伸び代がある。彼に対するビッグクラブからの興味は理解している。ヨーロッパリーグでも活躍していたからね。常に彼をチェックしているクラブがある。しかし、我々は彼をチームに残る方へ導かなければならない」

「アルフレッドはゴールを決めたいという真の欲求を持っている。つまり得点への飢えだ。この要素を備えていることで、彼は常に改善を続けている。そうするためにレンジャーズは良いクラブだと思うよ。彼の得点数がそのままマイナスになるのはレンジャーズにとって痛手すぎる。代役を見つけるのはかなり難しいだろうね。できるだけ彼が長くここにいることを望んでいるよ。ここにいれば、彼は最高の選手になれる」

試合に出場できないリスクがある5大リーグのクラブよりも、レンジャーズの方が同僚FWの成長には最適と語ったデイビス。はたして、仲間の思いがモレロスに届くことはあるのだろうか。スコットランドで覚醒したストライカーが決断を迫られている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説NEXT」と題し、まさに今欧州挑戦中の若きサムライたちをピックアップ。久保建英、冨安健洋ら、これからの日本サッカーを担う才能たちの現在地を追い、その魅力に迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ