本田圭佑が“2位”!? W杯で最も活躍したアジア人MFで立ちはだかったのは

ロシアW杯でもゴールを決めた本田 photo/Getty Images

同じく3大会連続ゴールを決めた選手

先日AFC公式では「ワールドカップで最も活躍したアジア人DFは誰か」とのアンケート企画が行われていたが、今度はそのMFバージョンが行われた。

全員で8人がリストアップされているのだが、日本からは2002日韓ワールドカップや2006ドイツワールドカップでチームを支えた中田英寿。

さらに2010南アフリカワールドカップから3大会続けてゴールを記録する偉業を成し遂げた本田圭佑の2人が入った。特に本田は2018ロシアワールドカップの記憶も新しく、アジアでは最強クラスのワールドカップ男と言ってもいい。

ところが、今回のアンケートでは2位となっているのだ。1位に選ばれたのは、2002日韓ワールドカップから同じく3大会続けてのゴールを記録した元韓国代表MFパク・チソンだ。

今のところアンケートはパク・チソンが39%で1位、本田は29%で2位、中田は6%に留まっている。

やはりワールドカップ3大会連続得点がパク・チソンと本田の人気を押し上げているようだが、パク・チソンの場合は2002日韓大会でベスト4に入った実績がある。

この大会での韓国の勝ち上がりには今も様々な議論があるものの、結果だけを見ればベスト4はまだ日本が到達していない領域となる。このあたりが評価を分けたか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ