悪童ストライカーが語る2人のベスト指揮官 スタイルも姿勢も絶賛されたのは

ボルトン時代のアネルカ photo/Getty Images

数多くのボスから選んだのは

元フランス代表のFWニコラ・アネルカは評価するのが難しいストライカーだ。

サッカーセンスは申し分ないのだが、やや扱いづらいところがある。それもあってかクラブを転々とするキャリアを歩んでおり、アーセナル、レアル・マドリード、リヴァプール、チェルシー、ユヴェントスと、数多くのビッグクラブでプレイする特殊なサッカー人生となった。

では、そのアネルカが思うベストな指揮官は誰なのか。ボルトン公式によると、アネルカの答えは少々意外なものだ。

アネルカが挙げたのは、アーセナル時代のアーセン・ヴェンゲルとボルトン時代に指導を受けたサム・アラダイスの2人。この2人がアネルカにとってのベストマネージャーだという。

「フットボールの面や姿勢、メンタリティ、ピッチでの俺の使い方などから、最高の指揮官に挙げられるのは2人。ビッグ・サムとヴェンゲルだ。ビッグ・サムの全てが大好きだよ。ゲームへの準備、フットボールのスタイル、コーチング、選手との関係構築、現代サッカーにおけるリカバリーの重要性についての考え方などね」

アネルカはリカバリーを重要視していたようで、ボルトン時代とチェルシー時代はそれが上手くいっていたと考えているようだ。

とはいえ、チェルシーで指導を受けたカルロ・アンチェロッティやルイス・フェリペ・スコラーリ、フース・ヒディンクの名前を挙げていないのは興味深い。

チェルシー時代にはプレミアリーグ得点王も獲得しているのだが、それだけでチェルシー時代がベストの考えにはならないようだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ