ルイ・コスタの超絶ミドルに、ランパード奇跡の同点弾 “16年前の今日”の激闘をプレイバック[映像アリ]

後半34分に投入されたルイ・コスタ。延長後半5分にミドルシュートを突き刺し、多くのサッカーファンを魅了した photo/Getty Images 

EURO史に残る名勝負

2004年に開催されたサッカー欧州選手権(EURO)のポルトガル大会。“16年前の今日”に同大会屈指の激闘が繰り広げられたことを、あなたは覚えているだろうか。

スペイン、ギリシャ、ロシア代表と同居したグループAを首位で突破したポルトガル代表は、同年6月24日の準々決勝でイングランド代表と対戦。キックオフからマイケル・オーウェンとウェイン・ルーニーの快足2トップにボールを集め、縦に速い攻撃を繰り出そうとしていたイングランド代表に、ポルトガル代表は苦しめられた。

前半3分、イングランド代表のGKデイビッド・ジェイムズが放ったロングパスにポルトガル代表MFコスティーニャが反応したものの、同選手のクリアボールが後方に逸れる。このクリアミスを見逃さなかったオーウェンが巧みなトラップでボールを収めると、軽快なターンから右足でシュートを放ち、先制ゴールを挙げた。

イングランド代表にとって不運だったのは、この大会のグループリーグで4ゴールを挙げていたルーニーが、負傷により前半27分に交代を余儀なくされたこと。キックオフから縦横無尽に敵陣を駆け回り、ポルトガル代表の守備陣形を崩していたこの韋駄天FWが抜けたことで、イングランド代表の攻撃力が低下。カウンターを発動しづらくなったイングランド代表が自陣に釘付けとなり、ポルトガル代表がボールを支配するという構図へと変わっていった。

後半に入り、ポルトガル代表のルイス・フェリペ・スコラーリ監督は同18分にMFシモン・サブローザ、同30分には空中戦に強いFWエルデル・ポスティガを投入。更に同34分には類稀なパスセンスを誇るMFマヌエル・ルイ・コスタをピッチに送り込み、同点ゴールへの足掛かりを築いた。

この采配が実を結んだのは同38分。シモンが敵陣左サイドからクロスを送ると、ペナルティエリア内でフリーとなったポスティガがヘディングシュートを放つ。ボールはゴール右隅へ吸い込まれ、ポルトガル代表が同点に追いついた。

このゴールで勢いづいたポルトガル代表は、エスタディオ・ダ・ルスに駆け付けた自国サポーターの大声援を受け、延長戦に入ってからも攻撃の手を緩めず。迎えた延長後半5分、センターサークル付近でボールを受けたルイ・コスタが敵陣ペナルティエリア付近までドリブルし、右足を振り抜く。この強烈なミドルシュートがゴールネットに突き刺さり、ポルトガル代表が逆転に成功した。

長きにわたりポルトガル代表の攻撃を牽引してきたルイ・コスタのスーパーゴールで幕引きと思われたが、イングランド代表が意地を見せる。延長後半10分にコーナーキックを得ると、MFデイビッド・ベッカムのクロスにDFジョン・テリーがヘディングで反応。テリーのパスを受けたMFフランク・ランパードが右足でシュートを放ち、同点ゴールを挙げた。2-2のタイスコアのまま延長後半が終了。この大会屈指の好カードの決着は、PK戦に持ち越された。

迎えたPK戦。先攻のイングランド代表は1番手のベッカム、後攻のポルトガル代表は3番手のルイ・コスタと、両チームが誇る名キッカーのシュートがゴールの枠外に逸れるという異様な展開に。この激闘に終止符を打ったのは、これまで数々の好セーブでポルトガル代表を救ってきたGKリカルドだった。イングランド代表の7番手ダリウス・ヴァッセルのキックを前にキーパーグローブを外して気合いを入れたリカルドが、シュートコースを読み切り素手でセーブ。直後に自軍の7番手キッカーとして登場し、ゴール左隅にシュートを突き刺した。

PK戦の末にイングランド代表を退けたポルトガル代表は、準決勝でオランダ代表をも撃破(2-1)。決勝でギリシャ代表に敗れたものの(0-1)、ルイ・コスタとルイス・フィーゴの両レジェンドMFに全盛期のデコ、さらに当時若手だったクリスティアーノ・ロナウドらを中心に華麗なパスワークを披露する好チームだった。錚々たるメンバーによって繰り広げられた“16年前の今日”の死闘を、ぜひ映像とともに振り返って頂きたい。





EURO2004で好セーブを連発したリカルド。PK戦ではイングランド代表の7人目ヴァッセルのシュートを止めた後に、自軍の7人目のキッカーを担当。自らのシュートで激闘に終止符を打った photo/Getty Images 

EURO2004 準々決勝 ポルトガル代表×イングランド代表


会場:エスタディオ・ダ・ルス(リスボン)

開催日:2004年6月24日








[メンバー]
ポルトガル代表:リカルド、ミゲル(→ルイ・コスタ 79)、カルバーリョ、J・アンドラーデ、N・バレンテ、コスティーニャ(→シモン 63)、マニシェ、フィーゴ(→ポスティガ 75)、C・ロナウド、デコ、N・ゴメス   

監督:ルイス・フェリペ・スコラーリ



イングランド代表:ジェイムズ、G・ネビル、テリー、キャンベル、A・コール、ランパード、ジェラード(→ハーグリーブス 81)、ベッカム、スコールズ(→P・ネビル 57)、ルーニー(→ヴァッセル 27)、オーウェン

監督:スヴェン・ゴラン・エリクソン 


[スコア]
ポルトガル代表 2-2(PK戦:6-5) イングランド代表


[得点者]
ポルトガル代表:ポスティガ(83)、ルイ・コスタ(110)

イングランド代表:オーウェン(3)、ランパード(115)


[PK戦]
ベッカム(イングランド代表1人目/✖)

デコ(ポルトガル代表1人目/○) 

オーウェン(イングランド代表2人目/○)

シモン(ポルトガル代表2人目/○)

ランパード(イングランド代表3人目/○)

ルイ・コスタ(ポルトガル代表3人目/✖)

テリー(イングランド代表4人目/○)

C・ロナウド(ポルトガル代表4人目/○)

ハーグリーブス(イングランド代表5人目/○)

マニシェ(ポルトガル代表5人目/○)

A・コール(イングランド代表6人目/○)

ポスティガ(ポルトガル代表6人目/○)

ヴァッセル(イングランド代表7人目/✖)

リカルド(ポルトガル代表7人目/○)




参照元:facebook



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」第2章。2010年代に入り、多くの日本人選手が欧州へ羽ばたいた時代へ。香川真司、長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司、長谷部誠ほか……。欧州で足跡を残したサムライたちの偉業を豊富な写真とともに振り返ります!  

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ