現GK界最高の“キッカー”!? MFでも出来ると語るマンC守護神の魅力

マンCのエデルソン photo/Getty Images

パスのスタッツがお見事

現代では足下の技術に優れたGKも増えているが、その中でも特別な存在となっているのがマンチェスター・シティのエデルソン・モラレスだ。

エデルソンの場合はショートパスに加え、敵陣深くまで一発で届けられるロングフィードも備えている。GKからカウンターアタックをスタートさせられるところも、今のマンCが強い理由の1つと言える。

英『sky SPORTS』がエデルソンのキックにスポットを当てているが、今季のスタッツはどれも見事だ。

プレミアリーグでのパス成功率89%はGKの中で1位、ロングパス成功率57%も1位、ゴールに繋がったパス本数7本も1位など、キックの部分に関してはGK界のトップに君臨していると言っても大袈裟ではないだろう。

自身の技術についてはエデルソンもかなりの自信があるようで、中盤でもこなせると口にする。

「キックに関してはそれほど多く練習しているわけではない。週に2、3回といったところかな。キックは僕が持つ自然なスキルで、ロングボールに関して毎日練習する必要はないんだ。友人とプレイする時には常にMFをやっていたしね。中盤もできるけど、シティでは無理だ。ここには優れたMFが多く揃っているからね。これはジョークだけど、いつの日かそのチャンスが来るかもしれないだろう?」

「ペップのチームにおけるGKは11人目のフィールドプレイヤーだ。ビルドアップ、プレスの面でね。これはより難しいことだよ。大きな責任があるし、ミスは許されない。ミスをすれば、相手のゴールとなるからね」

指揮官ジョゼップ・グアルディオラはビクトール・バルデス、マヌエル・ノイアーなどGKに恵まれてきたが、エデルソンもその1人だろう。グアルディオラの哲学にピタリと一致するエデルソンもマンCに欠かせない人材の1人だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ