期待の若手CBには刺激だらけ ユーヴェの凄すぎるチームメイトたち

今季からユヴェントスでプレイするデミラル photo/Getty Images

ロナウドやディバラとの思い出も

ユヴェントスに所属するトルコ代表DFメリフ・デミラルが、チームメイトたちについて語っている。

現在22歳のデミラルは、スポルティングやアランヤスポル、サッスオーロなどを経て、昨夏にユヴェントスへ移籍。190センチの恵まれた体格や強靭なフィジカルを持ち、クラブの将来を担うと期待の若手CBのひとりだ。

今季前半戦はなかなか出場機会を得られなかったが、第16節のウディネーゼ戦から3試合連続でフル出場を果たし、チームのピンチを救うなど存在感を発揮。確かに目を見張る物があった。ただ、後半戦での活躍に期待されたが、第19節のローマ戦で靭帯を断裂する大怪我負い、長期離脱を余儀なくされている。

今季中の復帰は絶望と見られていたが、新型コロナウイルスによる中断の影響で、シーズン中の復帰が視野に入ってきたデミラル。少しでも早くチームへ合流するために、再びピッチへ立つために日々リハビリやトレーニングに励んでいるようだが、偉大なチームメイトたちから多くの刺激を受けているようだ。英『Bleacher Report』のインタビューで次のように語った。

「怪我をするまで全てがうまくいっていた。今もとても調子が良いし、すぐにチームに加わるつもりだ。ユヴェントスにはロナウドやキエッリーニ、ブッフォンのような素晴らしい選手たちがいる。彼らは敗北を受け入れないし、僕をやる気にさせてくれる。彼らは僕により多くの力を与えてくれるんだ」

「チャンピオンズリーグは、ワールドカップの次に最高のコンペティションであり、世界で最高の選手たちがプレイする。誰が勝つかなんてものは、些細なことで決まるんだ。それをロナウド は5度も制した。彼は経験豊富だし、僕にとっても、チームにとっても非常に重要な存在だね」

さらに、チームの2大エースであるロナウドとディバラとの思い出なども明かしている。

「ロナウドに関して、僕は1つの思い出があるね。彼は(一緒に出場した)ウディネーゼ戦で2ゴールを決め、試合後にトレーニングをしていたんだ。その時、彼と目があったんだけど、彼は僕に『来いよ。リカバリーの時間だ』と言った。さらに『勝者になりたいのならば、結果は重要じゃない。キミは一生懸命に努力し続ける必要がある』と教えてくれんだ。だから一緒にトレーニングをしたよ。そして、その日に彼の情熱をよりよく理解することになった。彼の性格はチームのやる気を向上させる」

「ディバラかい? 彼とは初日からいい友達だった。仲が良く、常に冗談を言い合っているよ。僕はいつも彼に『キミはアルゼンチンで最高の選手だ』と伝えている。得のボールを持っている時は酢ばらしいね。彼もまた、トレーニングで僕のやる気を上げてくれているよ」

はたして、デミラルはたくさんのチームメイトたちから刺激を受け、ユヴェントスでさらなる成長を遂げることができるのか。まずはしっかりと怪我を治して、戻ってきてもらいたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ