フィジカルモンスターをスーパーサブに スペイン代表に必要な怪物アタッカー

ウルブズのトラオレ photo/Getty Images

ヘスス・ナバスを思わせるスーパーサブ候補

2010南アフリカワールドカップ、EURO2012を制した当時のスペイン代表には、ポゼッションサッカーに強烈なアクセントを加えてくれるスーパーサブがいた。

今もセビージャで活躍するMFヘスス・ナバスだ。シャビやイニエスタのようなテクニックは持ち合わせていないが、ナバスには縦へ仕掛ける爆発的なスピードがある。これも当時のスペインに欠かせぬ大きな武器だったのだ。

スペインはEURO2020、2022ワールドカップでも優勝を狙っていくだろうが、ちょうどいいタイミングで当時のナバスと同じような働きをしてくれる選手が出てきている。

ウォルバーハンプトンでブレイクするFWアダマ・トラオレだ。トラオレも高度なテクニックを持っている選手ではないが、現サッカー界でも1、2を争う爆発的なスピードを備えている。加えてパワーもあり、1対1では無敵に近いフィジカルモンスターとなっているのだ。

スペイン『as』によると、ミドルズブラにてトラオレを指導したトニー・ピューリスも教え子のスペイン代表選出を望んでいる。

「彼は良くなるばかりだと思う。彼の個性はトップクラスだ。NEXTステップはスペイン代表入りだね」

ピューリスはウルブズでのプレイ続行を望んでいるようだが、ブレイクするトラオレにはリヴァプールも関心を示していると言われる。ビッグクラブでもプレイするだけの力はあるはずで、ナバスに続くスペイン・スーパーサブとなれば面白い。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ