アーセナルで活躍するはずだったのに…… 2014W杯で輝いたレフティーの今

アーセナル時代のキャンベル photo/Getty Images

W杯での活躍は見事だった

選手の中には、代表チームとクラブチームで全く違う姿を見せる者がいる。

例えばコスタリカ代表FWジョエル・キャンベルもそうだ。コスタリカといえば2014ブラジルワールドカップにてウルグアイ代表、イタリア代表をグループステージで撃破するミラクルを起こし、死のD組を首位通過した時のことが印象的だ。

キャンベルはそのチームの主力であり、ウルグアイ戦では貴重な同点弾を記録。その左足は魅力的で、アーセナルでも同様の活躍をしてくれると期待していたサポーターもいただろう。

ところが、今やキャンベルはすっかり行方不明だ。英『90min』が現在27歳のキャンベルがどこにいるか取り上げているが、キャンベルはアーセナルで結果を残せないまま世界各地を転々とするキャリアを送っている。

ワールドカップが終わった直後の2014-15からはアーセナルで定期的な出番を得ていたのだが、明確なスタメンにはなれないままレンタル移籍の旅がスタート。

ビジャレアル、スポルティング・リスボン、レアル・ベティス、そして2018年にはイタリアのフロジノーネに完全移籍し、今はメキシコのクラブ・レオンにレンタル移籍中だ。そのレオンでも今季23試合に出場して僅か1得点と波に乗れていない。

2014ワールドカップで活躍した時はまだ21歳だったため、2011年の時点でキャンベルと契約を結んでいたアーセナルには嫉妬の視線もあった。しかし、代表とクラブは別物だ。キャンベルはコスタリカ代表のようにアーセナルで主役となることはできなかった。

今月26日には28歳の誕生日を迎え、選手としてはピークに近い年齢となる。ビッグクラブで活躍できるだけの素質は備えていたはずだが、イメージとは違うキャリアになったか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ