香川真司がラッシュフォードより遥かに上!? 歴代マンU選手ランクが面白い

マンU時代の香川真司 photo/Getty Images

香川もTOP100入り

これまで数多くの名手がプレイしてきたマンチェスター・ユナイテッドにおいて、最高の選手は誰なのか。

米サイト『Ranker』にて「史上最高のマンU選手ランキング」なる企画が行われているのだが、その結果が少し興味深い。

1位クリスティアーノ・ロナウド、2位ポール・スコールズ、3位デイビッド・ベッカム、4位故ジョージ・ベスト氏、5位エリック・カントナと、さすがにランキング上位はレジェンドプレイヤーが占めている。

その中で注目したいのは、2012年から2年間マンUでプレイした日本代表MF香川真司の位置だ。

香川もこのランキングに入っているのだが、順位は60位だ。決して高いとは言えないが、サッカー界を代表するビッグクラブのマンUでトップ100以内に入っているだけでも見事と考えるべきだろう。

何より元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(62位)、同時期にプレイしたFWアドナン・ヤヌザイ(67位)、DFマルコス・ロホ(73位)、FWマイケル・オーウェン(74位)、FWメンフィス・デパイ(75位)らが香川より下の順位になっている。

さらなる衝撃は、79位に現チームのエースと考えられているFWマーカス・ラッシュフォードが入っていることだ。ラッシュフォードはサポーターが期待する若手選手の1人だが、想像以上に順位が低い。

他にもFWアレクシス・サンチェス(85位)、MFジェシー・リンガード(99位)、FWダニー・ウェルベック(116位)など、前線のプレイヤーで香川より活躍できなかったと考えられている選手は多い。

香川も決して満足いくイングランド生活を送れたわけではないが、それでも2012-13シーズンにはプレミアリーグ制覇を経験。ハットトリックなどハイパフォーマンスを披露したゲームもあり、そうした光る才能が評価されたということなのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ