“C・ロナウド級”の存在に マンUが待ちわびる新スーパースター降臨の日

マンUへ移籍の噂が浮上しているサンチョ photo/Getty Images

クラブOBが獲得候補を大絶賛

かつてのマンチェスター・ユナイテッドは華のあるスーパースターがチームに何人もいた。そういった選手たちがチームを引っ張り、脇を固める職人気質の選手もいぶし銀の活躍を披露する。そのバランスは絶妙で、決して見ていて飽きないチームだった。

しかし、今の彼らはどうだろうか。チームのメンバーを見てみると、誰もがワールドクラスと認める選手は少ない。FWマーカス・ラッシュフォード、そしてDFハリー・マグワイアがそのレベルにあるかどうか議論になるぐらいかもしれない。GKダビド・デ・ヘアは近年評価を落とし、MFポール・ポグバもなかなか本調子とはいっていない。ほかにも有望株はいるのだが、ワールドクラスとしてカウントするにはまだ早い選手が多い。

そんな状況もあってか、マンUは今夏の移籍市場で新たなスーパースターの獲得に動くとされている。ドルトムントのイングランド代表FWジェイドン・サンチョだ。今季ブンデスリーガでここまで17ゴールと16アシストを記録している彼は、20歳ながらワールドクラスと呼ぶにふさわしい選手だ。彼を獲得できれば、マンUにとってこれ以上なく大きな補強となることは間違いない。

クラブOBのウェズ・ブラウン氏も、サンチョこそがマンUのスーパースター不足を解消すると確信している様子だ。『MUTV』のインタビューにて、同氏はサンチョの才能がクリスティアーノ・ロナウドにも匹敵すると絶賛。20歳のアタッカーはマンUを変えるはずと次のように語った。

「エキサイティングな才能を持った選手。ユナイテッドにはそんな人材が必要だ。彼らはずっと探しているね。でも、もしサンチョと契約を結ぶことができるのなら、そんな悩みも解決することができるだろう。間違いないよ。チームにとって、それがどれほど良いことか。ユナイテッドには過去にそのようなエキサイティングな才能を持った選手がいた。クリスティアーノ・ロナウドのような選手さ。彼らは3,4人のDFをものともせず、試合をより簡単なものにした。サンチョは彼らと同じレベルにある。獲得できれば、それは素晴らしいサインになるはずだよ」

ブラウン氏はこのように語ったが、はたしてマンUは今夏サンチョを無事に確保することができるのだろうか。今後の動向には引き続き注目したいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ