ゲッツェに勧められる新天地候補は続々と テア・シュテーゲンが推すのは

今季限りでドルトムントを退団するゲッツェ photo/Getty Images

自身がプレイする国を勧める

先日、今季限りでドルトムントを退団することがミヒャエル・ツォルクSDから発表された元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ。かつてシグナル・イドゥナ・パルクを熱気の渦へと誘った天才MFだが、近年は代謝異常などによりパフォーマンスが低下。結局、本調子を取り戻せないままにドルトムントと別れを告げることになった。

まだ27歳。年齢的にはこれからが選手として脂の乗りきる時期と言えるだろう。次の移籍先に適切なクラブを選ぶことができれば、大復活も十分に考えられるはずだ。では、ゲッツェはこれからどこへ向かうべきなのだろうか。

現在、その最有力候補と目されているのはセリエAだ。現地メディアによると、ASローマやラツィオがゲッツェの獲得に食指を伸ばしているとされ、イタリア行きは時間の問題との話もある。それ以外には、先日ローター・マテウス氏が国内の候補としてヘルタ・ベルリンをプッシュしている。

そんな中、ゲッツェに新たな行き先候補を提案した人物がいる。それはバルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンだ。同選手はゲッツェがスペインのサッカーにフィットするはずと次のように語る。独『Sport Bild』が伝えた。

「マリオは非常にうまくボールを扱える選手だし、確実に試合を前進させてくれるんだ。間違いなくスペインにフィットするはずだ。彼がどこをターゲットとしているか僕にはわからない。なかなかフットボールの話は彼としないからね。でも、彼が正しい決断をして幸せになることを願っているよ。それは僕の望むことでもあるからね。彼はたくさんのクラブにフィットし、違いを生み出すことができると思う。とにかく、彼の決断を楽しみにしているよ」

巧みなテクニックが売りのゲッツェは、技巧派タイプの選手が多いスペインで通用するはずとテア・シュテーゲンは考えている様子。ドイツの同僚から助言を受けたゲッツェだが、はたしてこの天才MFはどこへ向かうのだろうか。27歳の決断に注目が集まる。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ