196cmの超大型DFよ、ファン・ダイクに続け 「世界最高の1人になる」

セルティックで伸びるアイェル photo/Getty Images

セルティックからイングランドへ?

スコットランドのセルティックからNEWフィルジル・ファン・ダイクは出てくるのか。注目を集める若きセンターバックがいる。

英『Glasgow Times』が取り上げたのは、22歳のノルウェー代表DFクリストフェル・アイェルだ。

ノルウェーのスタルトから2016年にセルティックへ加わった196cmの超大型センターバックのアイェルは、スコットランドの地で4年間しっかりと技を磨いてきた。

そのパフォーマンスにイングランド・プレミアリーグのクラブが関心を示しており、レスター・シティも獲得へ乗り出しているという。

セルティックからプレミアの中堅クラブへ向かうルートは、セルティックからサウサンプトンへ向かったファン・ダイクと全く同じだ。その後ファン・ダイクはリヴァプールへ移籍し、28歳にして現世界最高のセンターバックの1人との評価を得るようになった。

アイェルがまだ22歳であることを考えると、焦る必要はない。ファン・ダイクと同じように中堅クラブを1度挟んでもいいだろう。

セルティックでプレイし、2019年にドイツのMSVデュースブルクへ移籍したDFマルヴィン・コンパーはアイェルに世界最高DFになるための要素が備わっているとプッシュする。

「アイェルには世界最高のDFの1人になるための全てが備わっている。もちろん道のりは長いけどね。それでも彼には全てがある。スピード、テクニック、フィジカル。彼はスマートな選手だし、学ぶことができる。彼には全てのツールがあるよ」

ファン・ダイクもサイズとスピードを兼ね備えたセンターバックだが、196cmのアイェルに欧州五大リーグで通用するだけの機動力があれば恐ろしい。

FWアーリング・ハーランド、MFマルティン・ウーデゴーなど最近はノルウェーのプレイヤーがサッカー界をかき乱しているが、その波にアイェルも続くのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ