実は“肉体&ジャンプ力”もすごかった アンフィールドで主役になった男の日常

自慢の肉体を披露するジョレンテ photo/ジョレンテのInstagramより

地道なトレーニングが自慢の肉体を作り上げる

やや地味な選手との印象から一転、アンフィールドで行われた今季のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグにて王者リヴァプールを粉砕する2ゴールを叩き込んだのがアトレティコ・マドリードMFマルコス・ジョレンテだ。

ジョレンテは一気に主役となったわけだが、それを支えているのは地道な日々のトレーニングだ。華麗なテクニックを持つタイプのMFではないものの、ジムで鍛えた肉体はなかなかのものがある。フィジカルの強さはジョレンテにとって大きな武器の1つとなっているのだ。

ジョレンテは自身のInstagramでトレーニングの模様をいくつか紹介しているが、どれも地味なものばかり。しかし、こうした地味なトレーニングがジョレンテの肉体を作り上げているのだ。

また、身体能力の高さも分かってくる。スペイン『MARCA』が注目したのは、ジョレンテが見せたジャンプ力だ。これまた一見すると地味なトレーニングだが、高さは105cmあるとか。簡単にこなせるものではないだろう。

この投稿をInstagramで見る

105 cm a pata coja ¿Alguien da más? #EverybodyJump

Marcos Llorente(@marcosllorente)がシェアした投稿 -



他にもジョレンテは地道な筋力強化に取り組んでおり、新型コロナウイルスの影響でリーグ戦がストップしている今もその姿勢に変わりはないのだろう。リヴァプール戦で得た手応えを逃さぬためにも、再開後にもう1度ハイパフォーマンスを見せてほしいところだ。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ