リヴァプールでの時間に未練ナシ 元“2番手GK”「後悔はしていない」

昨季までリヴァプールに在籍したミニョレ photo/Getty Images

今季アドリアンの出場機会は増えているが

2019-20シーズンにプレミアリーグで首位を独走するリヴァプールでは、守護神を務めるGKアリソン・ベッカーが圧倒的な存在感を放っている。ブラジル代表でも正守護神を任されているアリソンの牙城は高く、リヴァプールで彼からポジションを奪える者はいないだろう。

2番手のポジションを任された者にとっては過酷だ。世界最高級のGKと一緒に仕事はできるが、ほとんど自身にプレイタイムが与えられることはない。相当なストレスを感じるはずで、昨季アリソンの控えに回ったGKシモン・ミニョレは出場機会を求めて昨夏クラブ・ブルッヘに移籍した。

だが、今季のリヴァプールは意外にも控えGKの出番が増えている。アリソンが開幕直後に負傷した影響で新加入GKアドリアンは今季ここまで公式戦18試合に出場。チームの無敗継続の流れを作った。時折ミスはするものの、頼れる存在であったことは間違いない。ミニョレが残留していれば、アドリアンのようにもっとリヴァプールで注目される存在となることができたか。

しかし、ミニョレは移籍の判断を今も後悔していない。どれだけ控えGKが活躍しようとも、リヴァプールのファーストチョイスがアリソンであるという事実は変えようがないと、同選手は次のように語っている。英『Daily Mail』が伝えた。

「ベルギーに移籍した直後、ホテルでいろいろ整理していた時だった。引っ越しの片付けをしていたら、突然僕の電話に20〜30件のメッセージが届いていたんだよ。最初は何が起こったかわからなかったね。でも、メッセージを見てアリが不運にも怪我をしたということを知ったんだ。彼はコパ・アメリカにも参加していたから、そのリスクはあると思っていたけどね」

「アドリアンはその代役として10〜15試合ほどゴールマウスを守った。だけど、アリが復帰すれば彼のためにポジションを譲らなければならない。たとえその15試合で15回のクリーンシートを達成してもベンチに戻ることになるんだ。32歳の僕にとって、これは望まないことだった。シナリオとしては上出来なものだったけど、後悔はしていないよ。今の僕があの時に戻っても、同じ決断をするだろうね」

どうやってもリヴァプールでアリソンから正守護神を奪うのは不可能と語ったミニョレ。口では「正守護神を奪う」と言っても、その立場が入れ替わる可能性はほぼゼロ。そんな境遇に彼は耐えられなかったようだ。年齢がベテランの域に差し掛かっていることも影響したという。

昨季までリヴァプールでプレイしていた2番手GKの苦悩。チームで最も過酷な役割を任されているのは、彼らかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ