“ドイツNo.2”でも世界最高のGK!? 「彼が最も完成されたGKだ」

バルセロナのテア・シュテーゲン photo/Getty Images

EURO2020での定位置争いはどうなる

世界最高のGKは誰かとの議論になった時、クラブと代表の両方で結果を出しているかが重要視される。

両方でタイトルを獲得していることは大きなアドバンテージとなるのだが、その点においてバルセロナの守護神マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンは少しばかり弱い。バルセロナではタイトルを獲得しているが、ドイツ代表ではマヌエル・ノイアーに次ぐ2番手の位置にあるからだ。

それでも実力を考えると、テア・シュテーゲンは間違いなく世界トップクラスだ。スペイン『as』によると、バルセロナでプレイしていた現バジャドリードGKジョルディ・マシップはテア・シュテーゲンこそ世界最高と語る。

「彼は僕にとって最も完成されたGKだ。足下の技術も完璧で、ゲームのあらゆる面においてもそうだ。彼は若い時にバルサへやってきて、そこから進歩している。僕にとっては彼が現世界最高だよ」

テア・シュテーゲンは4月30日に28歳の誕生日を迎え、年齢的にも選手としてピークを迎える時期にある。同メディアもドイツ代表でのノイアーとのポジション争いを気にしているが、テア・シュテーゲンとしてはそろそろドイツ代表の守護神になりたいところだろう。

例えばテア・シュテーゲンがドイツのNo.1となり、来年に延期されたEURO2020を制すれば世界最高GKとの称号を得られるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ