“メッシ2世”の呪縛から解放を 悩んできた29歳FW「最も重要なのは……」

世界各地でプレイしてきたボージャン(写真はストーク・シティ時代) photo/Getty Images

欧州を離れてアメリカへ

リオネル・メッシ2世との呼び名に翻弄されるキャリアは、想像以上に厳しいものがあるのだろう。

バルセロナの下部組織でゴールを量産したことからメッシと比較され、常にプレッシャーを感じ続けてきたのがFWボージャン・クルキッチだ。才能は間違いないものがあったが、ボージャンは理想的なキャリアを歩むことができなかった。

バルセロナでは期待に応えられず、2011年にはローマへ移籍。そこからもミラン、アヤックス、ストーク・シティ、マインツ、アラベスと、欧州を一周するかのようなキャリアとなってしまった。

そして2019年夏、ボージャンが選んだ行き先はアメリカ・MLSのモントリオール・インパクトだ。ついに欧州を離れることになったわけだが、29歳のボージャンはアメリカでのサッカーを楽しんできたようだ。

米『ESPN』によると、ボージャンは「僕にとってお金は最も重要なことではないし、世界最高のチームでプレイすることも最重要なことではない。僕にとって最も重要なのは、フットボールを楽しめる場所にいること。チームを助け、クラブからの信頼を感じられることなんだ」とコメントしている。

29歳で欧州トップクラブではなく、アメリカでプレイしているのは当初想定していたキャリアではなかったはず。それでもボージャンはモントリオールでサッカーを楽しめているようだ。

今は新型コロナウイルスの影響でサッカーはストップしてしまっているが、MLSでモントリオールを上位へ導くことがボージャンにとっての喜びとなっているのだろう。欧州を離れたことで、メッシ2世との呪縛から解き放たれたのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ