1億ユーロ・トリオもW杯優勝DFも大失敗 “外れすぎた”昨夏の豪華補強

バルセロナのグリーズマン photo/Getty Images

移籍金に見合う活躍をした選手少なく

2019年夏、欧州サッカー界ではド派手な移籍が数多く実現した。1億ユーロを超える移籍金が動いたケースもいくつかあったが、あまりにも失敗が多すぎるのだ。

スペイン『as』は昨夏に高額な移籍金で動いた選手たちを特集しているが、移籍が成功と評価された者はかなり少ない。

例えばバルセロナはFWアントワーヌ・グリーズマン、レアル・マドリードはFWエデン・アザール、アトレティコ・マドリードはFWジョアン・フェリックスと1億ユーロ超えの移籍金を支払って即戦力アタッカーを揃えたが、説明は不要だ。全員「失敗」と判定されている。

ユヴェントスがアヤックスから7500万ユーロで獲得したDFマタイス・デ・リフトも失敗、バイエルンがアトレティコから8000万ユーロで加えたDFリュカ・エルナンデスも怪我が多すぎて失敗、アーセナルがリールから7500万ポンドで獲得したFWニコラ・ペペも失敗と判定されている。

マンUのマグワイア photo/Getty Images

デ・リフト、ペペは新たなリーグへの適応に苦労したところがあり、能力を100%発揮できていない。来季にはフィットしてくる可能性もあるため、アトレティコのフェリックスとともに我慢が必要か。

一方で数少ない成功に挙げられたのは、マンチェスター・ユナイテッドがレスター・シティから8000万ポンドで獲得したDFハリー・マグワイア、インテルがマンUから総額7500万ユーロで獲得したFWロメル・ルカク、マンチェスター・シティが6280万ポンドで獲得したMFロドリ、バルセロナが8600万ユーロで獲得したMFフレンキー・デ・ヨングの4名。

このうちルカクは間違いなく大ヒットだったが、他の3人に関してはいかがだろうか。デ・ヨングもアヤックス時代ほど存在感を放っているわけではなく、マグワイアも7500万ポンドでリヴァプールが獲得したDFフィルジル・ファン・ダイクほどのパフォーマンスは披露できていない。

お金をかけての補強が相次いで失敗した印象も強いが、彼らは来季この評価をひっくり返せるだろうか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ