マルディーニが史上最大の“敗者”!? なぜか決勝で勝てない運なき名手たち

マルディーニはミランで成功を収めたように思えるが…… photo/Getty Images

シルバーコレクターと呼べる選手も

ミランで長く活躍した元イタリア代表DFパオロ・マルディーニは、大成功を収めたサッカー選手で間違いない。しかし、マルディーニ本人は自分のことを「史上最大の敗北者」と考えているというのだ。

「私は史上最高の敗北者だ。説明すると、私は多くのものを勝ち取ったが、3回もチャンピオンズリーグ決勝を落としている。ワールドカップも決勝を落としたし、EUROもだ」

スペイン『MARCA』がこのようなマルディーニのコメントを紹介しているが、確かにマルディーニは惜しいところでタイトル獲得のチャンスを何度か落としている。チャンピオンズリーグは5回優勝しているが、3回は落とした。その1つにはリヴァプールに敗れた有名な2004-05シーズンの「イスタンブールの悲劇」もあり、悔しい思いも数回味わっているのだ。

フランコ・バレージとセンターバックコンビを組んで臨んだ1994ワールドカップ決勝にて、ブラジルにPK戦の末に敗れたのもショックが大きかった。あのロベルト・バッジョがPKを外した伝説のアメリカ大会である。

2000年にはアレッサンドロ・ネスタ、ファビオ・カンナバーロら黄金DF陣とEURO決勝まで勝ち上がったが、フランス代表に延長戦の末に敗れている。ミランではタイトルが多いが、実はイタリア代表では目立ったタイトルを獲得できていないのだ。

同メディアはマルディーニと似たようなキャリアを歩んだ者たちを紹介しているが、例えば元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノだ。2014ブラジルワールドカップも決勝を落としていたが、マスチェラーノは実にキャリアで11回も決勝戦を落としているという。コパ・アメリカも4回ファイナルで敗れている。

マンチェスター・ユナイテッドで活躍したDFパトリス・エヴラは、モナコ、マンU、ユヴェントス時代に4度もチャンピオンズリーグ決勝を落としている。

シルバーコレクターとして有名な元ドイツ代表MFミヒャエル・バラックも、2002日韓ワールドカップ決勝を落とすなど銀メダルだらけに。チャンピオンズリーグ、DFBポカール、EURO2008など、6度もファイナルを落とした。

あと一歩で頂点というところまで迫りながら、なぜかファイナルで異様なほど運に見放される選手もいる。マルディーニですら、悔しい瞬間が多かったとの感想を抱いているようだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ