ピルロ、キャンベルも抑えた “最強のフリー移籍”ランク1位は誰だ

ユヴェントスのピルロ photo/Getty Images

フリー移籍で得点王3回

お金をかける補強もいいが、やはりクラブにとってベストなのは「フリー補強」だろう。お金をかけず、一流プレイヤーを獲得できるのが1番だ。

では、史上最高のフリー補強はどれになるだろうか。米『ESPN』が「フリー補強ランキングTOP10」なる企画を紹介しているが、1位は納得できる結果となっている。

10位:エステバン・カンビアッソ(レスター・シティ)

9位:ジェイムズ・ミルナー(リヴァプール)

8位:ヘンリク・ラーション(バルセロナ)

7位:ルート・フリット(チェルシー)

6位:スティーブ・マクマナマン(レアル・マドリード)


バイエルンのレヴァンドフスキ photo/Getty Images

5位:ロベルト・バッジョ(ボローニャ/ブレシア)

4位:ルイス・エンリケ(バルセロナ)

3位:ソル・キャンベル(アーセナル)

2位:アンドレア・ピルロ(ユヴェントス)

1位:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)



トッテナムからアーセナルへの禁断のフリー移籍を果たし、プレミアリーグ無敗優勝を経験したキャンベル。ミランからユヴェントスにフリーで移籍し、もう1つの全盛期を迎えたピルロ。この2人を抑えたのがレヴァンドフスキだ。

レヴァンドフスキはドルトムントでワールドクラスのストライカーへと成長し、2014年夏にフリーでライバルのバイエルンへ。今や世界最高クラスのセンターフォワードとなり、バイエルンの選手としてブンデスリーガ得点王を3度も獲得している。これ以上のフリー補強はないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ