元祖怪物よりも優れていた? 鉄人サネッティが明かした最強の同僚は……

現在はインテルの副会長を務めるサネッティ氏 photo/Getty Images

ロナウドよりもバッジョ

イタリアの名門インテルのレジェンドで、現在は同クラブの副会長を務めるハビエル・サネッティ氏が、現役時代を振り返っている。

1995年にインテルへ加入し、19シーズンに渡って活躍した現在46歳のサネッティ氏。長年キャプテンとしてもチームを牽引しており、同クラブでの公式戦出場数は「850」を超えている。2005-06シーズンからはセリエA5連覇に貢献したほか、2009-10シーズンには欧州制覇と国内カップ戦優勝も成し遂げ、主要タイトルの3冠経験した“鉄人”だ。

そんなサネッティ氏が『Instagram Live』で、元チームメイトのエステバン・カンビアッソから質問を受けた。その際、「最強のチームメイト」について聞かれると、このように答えている。

「ロナウドがバルセロナからやってきた時、彼は信じられないほど素晴らしかったよ。ただ、私が名前を挙げるとしたらもうひとりの方かな。それはロベルト・バッジョだ。彼はクオリティと熱いハートに関して、理想的なバランスを持っていた」

世界最高のリーグと呼ばれていた当時のセリエAでプレイしていた選手たちは、史上最高の選手として元ブラジル代表の「ロナウド」の名前をあげることが多い。しかし、サネッティはこの“元祖怪物”よりも、イタリアの“ファンタジスタ”の方が素晴らしい選手と感じていたようだ。

さらに、サネッティ氏は2014年の「現役引退」についても言及している。

「いつ引退するのかを決めたかったんだけど、私はまだコンディションが良い時にそれを決断したかった。ファンの最後の思い出が、悪いものになりたくなかったからね。(2013年に)アキレス腱を断裂してピッチに帰ってきた時、みんながロッカールームで私を抱きしめてくれた。私はまだ続けられると気づいたよ。でも、シーズン終了後に引退する方がより良い選択だったんだ」

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ