ナポリに揃った2人の“有能アンカー” ガットゥーゾが探るべき共存の道

今冬ナポリに加入したデンメ(左)とロボツカはどちらも実力のある選手だ photo/Getty Images

特徴違う彼らをどう活かすか

ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、今後“中盤の底”を誰に任せていくのだろうか。セリエAのナポリに優秀なアンカーが2人揃った。今冬RBライプツィヒとセルタからそれぞれ加入したディエゴ・デンメとスタニスラフ・ロボツカだ。

どちらも前所属クラブではレギュラーとして常時試合に出場していた実力者。しかし、新天地であるナポリでガットゥーゾ監督が採用しているシステムは[4-3-3]だ。この形において、彼らが最も活きる中盤の底のポジションは1つしか用意されていない。現状では、必然的にどちらかがベンチに回ることとなってしまうのだ。

実際、ガットゥーゾ監督もデンメとロボツカの起用法には悩んでいるようで、ここまで彼らが同時にピッチに立ったことはほとんどない。試合中の交代もこの2人を直接入れ替えることが多く、スタメンからセットで起用したのはリーグ戦第23節のレッチェ戦のみ。どちらも優秀な選手だけに、一方だけの起用となってしまうのは少しもったいない。

伊『Gazzetta dello Sport』もそう考えているようで、「ガットゥーゾ監督はこの中断期間を使って、デンメとロボツカが共存する道を探るべき」と主張している。同メディアは次のように続けた。

「デンメとロボツカはどちらも[4-3-3]のアンカーを好む選手だ。しかし、両者のプレイスタイルには違いがある。デンメはリアクションに優れていて、ダイナミックな選手だ。ディフェンスラインの前でスクリーンとなる守備的な選手としての側面が強い。一方でロボツカはよりテクニカルで、タクティクスな一面がある。彼は相手チームを二つに分断するパスを供給することが可能だ。現時点ではロボツカよりもデンメの方がチームにフィットしているが、ガットゥーゾ監督は彼らが共存できる道を探し出すべきだろう。幸か不幸かリーグ戦は現在中断しており、その解決策を考える時間は十分にある」

守備に優れたデンメとビルドアップ能力に秀でたロボツカ。はたして今後、彼らが同時に活きる道は見つかるか。この中断がいつまで続くかは神のみぞ知るところだが、ガットゥーゾ監督はリーグ戦再開までに何としてでも解決策を見出したいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、こんな今だからこそ振り返りたいCLの名勝負を一挙に振り返り! おなじみ、うじきつよし氏によるCL裏話的なインタビューも掲載です。「ぺこぱシュウペイのフロンターレで決定的ーーー!!」も元気に連載中!!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ