マンU“もう一人の救世主”が憧れた伝説の2トップ 「彼らの全てから学んだ」

今冬マンUに加入したイガロ photo/Getty Images

トレブル達成時のレジェンド

今季後半戦、マンチェスター・ユナイテッドで輝いている冬の新加入選手はMFブルーノ・.フェルナンデスだけでない。エースの代役としてチームに加入した男も、見逃してはいけないほどの活躍を披露している。FWオディオン・イガロだ。

加入が決定した当初は、このFWの獲得を「パニックバイ」と捉えた人も少なくなかったかもしれない。なにしろ彼はすでに30歳を迎え、中国でプレイしていた選手だ。そう思うのも無理はなかっただろう。しかし、イガロはチームに合流してから公式戦8試合ですでに4ゴールを挙げ、今や誰もが認めるマンUの重要な戦力になった。勢いづいたところでリーグ戦は中断となってしまったが、今のところ獲得は正解だったと言えるパフォーマンスを披露している。

そんなマンUでロケットスタートを切ったイガロが、自身が少年時代に憧れた選手2名を明かしている。かねてより幼い頃からマンUファンだったことを公言している同選手。アイドルはもちろんマンUの選手だ。クラブ公式のインタビューにて、イガロは次のように述べている。

「ストライカーのお手本として、アンディ・コールとドワイト・ヨークのことはよく見ていたよ。彼らはどちらも素晴らしいストライカーで多くのゴールを決めていたね。だから、僕は2人の動き出しやスペースを生み出す方法といったものをよくチェックしていたね。DFの背後をとってクロスに合わせる動きもだ。彼らの全てから学んだんだ。それは今でも僕のキャリアにおいて多いに役立っているよ」

少年時代は当時“ホットセット”と称され、容姿もプレイススタイルも似ていることで知られていたマンU往年の名コンビをお手本にして育ったというイガロ。トレブル達成時のマンUにはデイビッド・ベッカムやポール・スコールズ、ライアン・ギグスなどといった圧倒的に華やかな選手もいたのだが、彼は前線でひたむきにゴールを奪い続ける2トップに夢中だったようだ。

憧れの選手が在籍したクラブで輝くイガロ。アイドルは偉大すぎる名コンビだが、はたして彼は今後の活躍でこの2人に並べるほどのレジェンドとなることができるか。30歳は着実に夢の存在へと近づいている。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ