才能は若き日のルーニー超え!? 未完成の身体で結果を残す18歳の天才

今季ブレイクを果たしたグリーンウッド photo/Getty Images

グリーンウッドは「最高のフィニッシャー」

マンチェスター・ユナイテッドの指揮官を務めるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、生え抜きの期待若手FWメイソン・グリーンウッドを大絶賛している。

現在18歳のグリーンウッドはマンUの下部組織出身で、昨年3月に17歳ながらトップチームデビュー。そして、今季から正式に昇格を果たすと、途中出場が多いが公式戦33試合に出場して11ゴール4アシストを記録しており、限られた時間の中でも結果を残しているのだ。今月23日に行われたワトフォード(プレミアリーグ第27節)との一戦でも、勝利を決定づける3点目のゴールを決めていた。

そんな今季ブレイクを果たしている若き逸材について語ったスールシャール監督。現役時代に一緒にプレイしたことのある後輩で、若い頃から脚光を浴びてきた元イングランド代表FWウェイン・ルーニーと比較しつつ、次のように述べた。英紙『THE Sun』などが伝えている。

「彼(グリーンウッド)は我々が抱えている最高のフィニッシャー。ただ、まだ18歳だ。ウェイン・ルーニーとも異なるね。彼の体つきはまだ幼いし、完成するのは数年先のことだろう」

18歳でマンUへ移籍し、すぐに輝きを放った若き日のルーニーに比べて、グリーンウッドの身体はまだまだ完成されていないと言う。しかし、すでにピッチでこれだけのパフォーマンスをを披露しているのだ。才能だけ見たら当時のルーニー以上の存在かもしれない。

スールシャール監督がグリーンウッドの将来に大きな期待を寄せているように、これからも努力を怠らずにプロとしての体づくりや技術磨きを進めていけば、近い将来ルーニーを超えるような選手へと成長する可能性も大いにあるだろう。この若き天才の今後の成長や活躍にも注目だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ