アーセナルを潰したサムライ “EL大物喰らい”アタッカーへの称賛は止まらない

フランクフルトの鎌田 photo/Getty Images

香川真司と重ねて高まる期待

今季のフランクフルトFW鎌田大地はビックリ箱のような存在だ。国内リーグでは得点を決めていないのだが、ヨーロッパリーグになると人が変わる。しかも強豪クラブ相手に得点を決めているところが何とも興味深い。

グループステージではアーセナル相手に2得点を記録し、20日に行われた決勝トーナメント1回戦ではザルツブルク相手にハットトリックを決めてみせた。ザルツブルクがアーリング・ハーランドや南野拓実を失ったとはいえ、彼らはチャンピオンズリーグでも善戦していたクラブだ。決して楽な相手ではない。

ブンデスリーガ公式も鎌田に改めてスポットを当てており、「ヨーロッパリーグを愛し、アーセナルを潰した日本のプレイメイカーは誰だ?」と特集。すっかりヨーロッパリーグで主役となっている。

以前にも言われていたことだが、同サイトは今回も鎌田に似た選手としてレアル・サラゴサMF香川真司の名前を挙げている。攻撃に創造性をもたらし、パスポートが同じということ以上の共通点があると主張する。香川もドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドで欧州カップ戦を経験しており、欧州トップレベルで結果を出している鎌田は香川2世のような存在といったところか。

国内リーグの方でもチャンスメイカーとしては認められてきており、ザルツブルク戦のパフォーマンスで再び評価は上がるだろう。ここまでくればヨーロッパリーグでさらに得点を量産して優勝&大会得点王まで狙ってみたいところだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ