アッレグリ復帰? ペップ強奪? 騒がしくなってきたユーヴェの監督人事

現在マンチェスター・シティの指揮官を務めるグアルディオラ photo/Getty Images

オーナーの理想の監督はペップか 

イタリアの絶対王者ユヴェントスの監督人事が騒がしくなってきた。昨年に続いて、今年も再び監督の交代劇を披露することとなるかもしれない。

ユヴェントスは昨夏、セリエA8連覇へ導くなど数々のタイトルをもたらしてきたマッシミリアーノ・アッレグリとの別れを決断し、新たにマウリツィオ・サッリを招聘。新体制で今季を迎えると、チャンピオンズリーグでは危なげなくグループステージを突破し、コッパ・イタリアでも準決勝までコマを進めている。しかし、リーグ戦では苦しい戦いを強いられる試合も多く、ここまで17勝3分3敗。首位インテルと勝ち点「54」で並んで2位につけて入るものの、近年の絶対的な強さを見せられずにいる。

こういった状況もあってか、早くも地元メディアなどがユヴェントスの次期監督候補を取り上げている。伊『la Repubblica』によると、昨年に監督としての任を解いたものの、まだユヴェントスとの契約が続いているアッレグリ前監督を復帰させる可能性があるとのこと。オーナーを務めるアンドレア・アニェッリ氏がサッリ現監督を信頼し切れておらず、首脳陣にもアッレグリを今もなお支持しているグループがあるという。

また、英『THE Sun』などいつくかの英メディアは「ユヴェントスがグアルディオラをマンチェスター・シティから引き抜こうと計画している」と報道。アニェッリ氏はジョゼップ・グアルディオラを「理想的な監督」と考えているようで、同監督ならユヴェントスを悲願の大陸王者ヘと導けると信じているとのことだ。もし“ペップ・ユーヴェ”を実現することができるのならば、金に糸目はつけないという。

はたして、ユヴェントスはわずか1年でサッリを見切ることとなるのか。もし1つもタイトルを取ることができないようなことになれば、その可能性は十分にあるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ