“32歳”でフランス天才MFのキャリアは急降下 ベルギーでも影薄く

アンデルレヒトのナスリ photo/Getty Images

英メディアが嘆く現状

バルセロナのリオネル・メッシ、レアル・マドリードのカリム・ベンゼマ、マルセイユのディミトリ・パイェ。彼らは全員32歳の選手だ。

メッシは今もトップレベルを維持しており、ベンゼマもクリスティアーノ・ロナウドが抜けた穴を埋めるべく得点を量産している。パイェも先日のサンテティエンヌ戦で才能を見せつけるゴールを決めるなど、天才であることをフランスの地で証明している。

そんな中で英『Squawka』が嘆いているのが、フランスの天才MFサミル・ナスリの現状だ。ナスリも彼らと同じ32歳なのだが、今ではすっかり影が薄くなっている。

昨夏にはマンチェスター・シティ時代にチームメイトだったヴァンサン・コンパニが選手兼監督を務めるベルギーのアンデルレヒトに加わったのだが、昨年10月に負傷してから離脱が続いている。今季はリーグ戦447分間で1ゴールのみだ。

ナスリにとってアンデルレヒト移籍は復活へのチャンスとなるはずだっただけに、現状は非常に残念だ。同メディアもメッシ、ベンゼマらに比べ、トップレベルからの脱落が早かったと嘆いている。

チームも8勝10分7敗で10位に沈んでおり、チーム強化は思うように進まなかった。10代の頃よりナスリは特大の評価を受けてきたが、もうトップレベルとは言えないか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ