シュート数同じなのに得点が違いすぎる 決定率で明暗分かれる2チーム

守備に不安は残るものの、自慢の攻撃力を武器にここまでブンデスで3位に踏みとどまっているドルトムント photo/Getty Images

その差はなんと37ゴール

今季の欧州各リーグの後半戦で自慢の攻撃陣が爆発しているチームといえば、ブンデスリーガのドルトムントだろう。冬の移籍市場で獲得したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの活躍もあり、彼らはウインターブレイク明けの公式戦4試合で計17ゴールを挙げている。

現地時間4日に行われたドイツ杯3回戦こそブレーメンに敗れてしまったが、ドルトムントはこの試合でも2得点を記録。攻撃陣は依然好調をキープしていると言っていいだろう。リーグ戦ではここまで56ゴール。守備面に不安は残るものの、リーグトップクラスの得点力でなんとか首位バイエルン・ミュンヘンと勝ち点3差の3位に踏みとどまっている。

そんなドルトムントのシュート決定率が驚異的だと、データサイト『WhoScored』が彼らの統計を紹介している。ここまでのリーグ戦で同クラブが記録しているシュート決定率は実に20.1%(シュート数278本)。これは欧州5大リーグを戦う98クラブの中で最高値だ。“チャンスをものにする力"で彼らの右に出るチームはないということになる。

このデータにはドルトムントのファンも歓喜していることだろう。しかし、そんな爆発力を誇るチームがある一方で、致命的なゴール欠乏症に喘ぐ集団もある。『WhoScored』はドルトムントと同じシュート数を記録している他チームのスタッツも紹介しているのだが、リーグ・アンで苦しむディジョンのシュート決定率が悲惨だ。

2019-20シーズン、ここまでリーグ戦23試合を戦って自動降格圏までわずか4ポイント差の17位に沈んでいるディジョン。彼らは今季ドルトムントと同じシュート数278本を放っているにもかかわらず、その得点数はわずか19ゴール。決定率は6.5%にまで落ち込んでいる。同メディアによると、これは5大リーグでワースト3位。同じシュート数でも、ドイツの強豪とは似ても似つかない結果となってしまっている。

同じ数だけシュートを放っても生まれてしまった13.6%(37ゴール)の差。前線のタレント力に大きな違いがあるとはいえ、なかなか衝撃的な数字だ。最終局面の精度で、両者は明暗が分かれる結果となっている。ドルトムント級とまでは言わないが、ディジョンは今後もう少し決定力を改善したいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ