“最高”のシンジ・カガワ マジョルカ戦で見せた真のクオリティに高まる期待

サラゴサの香川真司 photo/Getty Images

1部との戦いで見せるクオリティ

昨夏スペイン2部のレアル・サラゴサに移籍した日本代表MF香川真司は、やや消化不良な前半戦を過ごした。加入当初の期待は凄まじいものがあったが、2019年はリーグ戦2得点1アシストに留まった。期待はずれの前半戦との評価も仕方がないだろう。

しかし、今月21日に行われたスペイン国王杯・3回戦のマジョルカ戦ではハイレベルなパフォーマンスを披露。バーを直撃するフリーキックもあり、後半にはアシストまで記録している。

スペイン『EL MUNDO』も香川を日本の「象徴」と伝え、今も高い人気を誇っていると紹介。指揮官ビクトル・フェルナンデスも加入以来最高のゲームだったと香川を称賛していたが、同メディアも1部相手に好パフォーマンスを見せた部分を評価している。

マジョルカ戦に続き、29日に国王杯・ベスト16で対戦するレアル・マドリードは1部のクラブが相手だ。香川を含むサラゴサの実力が1部相手にも通用するかをテストする場としては絶好の機会となり、香川にとっても大きなチャンスだ。

指揮官のフェルナンデスは来月2日のカディス戦の方に集中する考えのようだが、最高バージョンになった香川がレアル相手に通用するのかも楽しみだ。悪くない後半戦のスタートとなったが、香川は2020年に評価を取り戻すことができるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ