「子供たちがマンUのシャツを着たがらない」再びの敗戦にファーディナンド不満爆発

本拠地で格下に敗れてしまったマンU photo/Getty Images

モイーズ政権よりも悪い

プレミアリーグ第24節、マンチェスター・ユナイテッドはホームで、バーンリーに0-2の敗戦を喫した。

バーンリーお得意の空中戦に苦しんだユナイテッド。39分にセットプレイから失点すると、57分にはジェイ・ロドリゲスに豪快なミドルを決められる。終了間際にルーク・ショーがファーサイドからヘディングを突き刺し1点返したかに思われたが、ファウルの判定でノーゴール。結局、1点も取ることができずに敗れている。

本拠地オールド・トラッフォードは終盤には空席だらけとなり、それを見たOBのリオ・ファーディナンド氏はいたたまれない気持ちに襲われたようだ。『BT sport』が伝えている。

「私はとても恥ずかしい気持ちで、ここに座っているよ。ファンは85分には、みんな出て行ってしまった。トップの人間はこれを見て、変えるためのプランを練る必要がある。これじゃあ小さな子供たちは、マンUのシャツを着たがらないだろう。ここに来て観戦したいとも思わないはずだ」

「未来への基盤を築いていると示すものが、何もないじゃないか。道筋が示されていない。目標はどこにあるんだ? これが目標に到達するための方法なのか? 過去7年間で無計画にお金を費やしてきたけど、では何を見せるべきなんだ?」

マンUはこれで2連敗。未だ5位にとどまっているものの、すぐ後ろにトッテナムやウルブズが迫ってきた。24節時点での勝点34は、2014年にデイビッド・モイーズが指揮をとったシーズンよりも6ポイント低い。再び子供たちが憧れるようなマンUに戻るために、必要なものはたくさんありそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ