怪物・イブラは止められない “222試合”で達成したセリエA最速の記録

ミランのイブラヒモビッチ photo/Getty Images

ミランでは早くもイブラ効果

2019年最終ゲームとなったアタランタ戦を0-5で落とした時には最悪な空気がチームを包んでいたのだが、ミランは1人の怪物が復帰してからポジティブな話題が増えている。

その怪物とは、もちろん戻ってきた38歳のFWズラタン・イブラヒモビッチである。イブラヒモビッチは10日のカリアリ戦でさっそく得点を挙げるなど、一瞬にしてチームの中心メンバーとなった。

チームもイブラヒモビッチに引っ張られる形でカリアリ戦、コッパ・イタリア5回戦のSPAL戦、ウディネーゼ戦と3連勝を記録。上位浮上へ2020年を最高の形でスタートすることに成功した。

さらにウディネーゼ戦を3-2で制したことにより、イブラヒモビッチに1つの記録が生まれた。『90min』によると、イブラヒモビッチにとってはこれがセリエA通算150勝目となり、1994-95シーズン以降では最速での150勝達成になったという。

イブラヒモビッチの場合はセリエAを離れていた期間もあるが、インテル時代なども合計すると通算222試合で150勝を達成したことになる。これは元インテルMFエステバン・カンビアッソの230試合を抑えて最速だという。

2000年代のセリエAにおいてイブラヒモビッチは最も勝利を約束してくれる選手と言うこともでき、その影響力は38歳になった今も変わっていない。ミランを上位へ導くのはやはりイブラヒモビッチなのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.242 最新セリエAを見逃すな!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ