食野のアイディア&テクニックに脱帽 ハーツの今季ベストゴール候補を見よ[映像アリ]

ハーツでプレイする食野 photo/Getty Images

現段階でのベストゴールに

今季マンチェスター・シティからスコットランドのハーツにレンタル移籍している21歳のMF食野亮太郎は、ここまでリーグ戦で3得点を記録している。16試合で3得点というのは少々物足りないかもしれないが、3得点ともビューティフルゴールなのは面白い。

英『BBC』は現段階でのスコットランド各クラブの今季ベストゴールを選出しているのだが、ハーツからは食野が10月のレンジャーズ戦で決めた一撃が選ばれている。

レンジャーズを指揮するスティーブン・ジェラードにも強烈なインパクトを与えることになった一撃だが、食野が魅せたのは前半6分だ。

相手がロングボールの処理を誤ると、味方が放ったシュートがGKに当たって跳ね返ったボールが食野の下へ。食野はそれをトラップすることなく左足ダイレクトでループ気味にシュートすることを選択。これがGKの上を超える見事な先制弾となった。



同メディアは「とっさにこの浮かしたシュートを思いついた」と食野のアイディアを称えており、そのアイディアを実現する技術もお見事だ。

この他にも食野は9月14日のマザーウェル戦、12月29日のアバディーン戦でも1点ずつ奪っているが、これも印象的なゴールだ。

マザーウェル戦では華麗なテクニックで相手DFのタイミングを外し、挨拶代わりとなるシュートでネットを揺らしている。ややシュートコースは甘かったが、食野のプレイリズムは独特だ。それに相手GKも戸惑ったのかもしれない。



アバディーン戦での得点も美しい弧を描いたミドルシュートとなっており、ドリブルのコース取りもシュートのタイミングも見事だ。食野のゴールが1つもチームの勝利に結びついていないのが残念なところだが、最下位と苦しむチームで食野は必死に結果を残している。



食野のテクニックはチームメイトやサポーターにも認められているはずで、まずはこの活躍を続けたい。東京五輪でも食野の独特なプレイリズムを見たいところだが、食野は2020年をさらなるブレイクの1年とできるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ