クレスポ・アグエロ・バティをMIX インテルで躍動する若きFWの凄さ

インテルのラウタロ・マルティネス photo/Getty Images

アルゼンチンを代表するストライカーへ

エルナン・クレスポ、ガブリエウ・バティストゥータ、現在マンチェスター・シティでプレイするセルヒオ・アグエロは、いずれもアルゼンチンサッカー界を代表する名ストライカーだ。

この3人をMIXさせたようなストライカーが今のアルゼンチンにはいる。そう主張したのは、元アルゼンチン代表MFファン・セバスティアン・ヴェロンだ。

現役時代にラツィオやインテルなどセリエAのクラブを中心に活躍したヴェロンが絶賛したのは、現在インテルでロメル・ルカクとコンビを組むアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスだ。

伊『Gazzetta dello Sport』によると、ヴェロンはマルティネスがクレスポ、バティストゥータ、アグエロをMIXさせた存在だとコメント。それゆえに特定のストライカーと比較するのが難しく、複数の能力を備えていることがマルティネスの強みだと称えている。

「実質、彼を他の誰かと比較するのは不可能だ。なぜなら、彼はMIXされた選手だからね。ラウタロはアグエロのような動きをするし、バティストゥータのようなパワーがあり、クレスポのようなボックス内での狡猾さもある。彼は常に正しいポジション取りをしているよ」

バティストゥータとクレスポはセリエAでも活躍したストライカーで、どちらもワールドクラスの実力者だ。バティストゥータにはDFをなぎ倒して進むだけの強さがあり、クレスポはゴール前でストライカーのお手本のようなポジショニングを見せる。

マルティネスにもそうした素質があるとヴェロンは感じているようで、今後のアルゼンチンサッカー界を引っ張っていく存在になるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ