ソン・フンミン、“号泣退場”からわずか3日も 指揮官「プレイできる」

エヴァートン戦、A・ゴメスの怪我の深刻さを痛感し号泣したソン・フンミン photo/Getty Images

CLレッドスター戦には出場可能と強調

韓国代表FWのメンタルは大丈夫なのだろうか。プレミアリーグ第11節のエヴァートン戦でショッキングなファウルを犯してしまったトッテナムのソン・フンミンだが、それからわずか3日後の試合に出場する可能性があるという。

トッテナム1点リードで迎えた77分、ソンはボールを所持していたエヴァートンのMFアンドレ・ゴメスに対して後方からタックルを仕掛けると、それを受けたA・ゴメスは着地に失敗。前方からプレスをかけに来ていたDFセルジュ・オーリエと激突しながらピッチに倒れ込み、右足に大怪我を負ってしまった。叫び声を上げたポルトガル代表MFの右足は明らかに曲がってはいけない方向に曲がっており、それを見たソンは事態の深刻さに憔悴し号泣。マーティン・アトキンソン主審からレッドカードを提示されると、そのまま泣きながらピッチを後にした。

あまりにもショッキングなシーン。タックルを受けたA・ゴメスには各方面から同情の声が寄せられているが、加害者となってしまったソンの精神状態も心配だ。プレイ中の出来事とはいえ、自身のタックルが原因で招いてしまったA・ゴメスの大怪我。直後の反応からしても、韓国代表FWにとってあの光景は相当堪えたはずだ。試合後には、同僚のデレ・アリが「ソンは控え室で号泣し、ひどく落ち込んでいる」と明かしている。トラウマになってもおかしくなく、少々落ち着く時間が必要との意見も現地では飛び交っている状況だ。

だが、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は現地時間6日に行われるチャンピオンズリーグのレッドスター・ベオグラード戦でソンは出場可能と見ているようだ。英『Daily Mail』によると、前日会見の場で指揮官は次のように語っている。

「ソンは大丈夫だ。彼は我々と一緒にいるよ。日曜日は相手の怪我やレッドカードのことで色々な気持ちがごちゃごちゃになっていたようだけどね。あれはみんなにとって衝撃的な瞬間だった。でも、彼はプレイできる。大丈夫だよ。体調は良好だ」

5日には、イングランドサッカー協会(FA)からエヴァートン戦での退場処分が取り消されることが発表されたソン。これにより、当初課されていたプレミア3試合の出場停止もなくなった。通常通りプレイできるようになったソンだが、はたしてどこまで安定した精神状態でレッドスター戦に臨むことができるか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号では、波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ