マンUの5200万ポンドMFがいざ逆襲へ リヴァプール戦で掴んだ手応え

マンUのフレッジ(中央) photo/Getty Images

光った攻守両面の献身性

前節リヴァプールと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは、3バックを軸にまずまずのパフォーマンスを披露した。最後に得点を許して1-1のドローとなったのは残念だったが、全勝を続けていたリヴァプール相手に勝ち点1は決して悪くない結果だ。

また、このゲームでは何かと批判を浴びていたMFフレッジが自信を掴むことに成功した。フレッジは5200万ポンドの移籍金に見合う働きができていないと言われてきたが、リヴァプール相手に中盤で体を張った守備を披露。終盤までリヴァプールの攻撃を0点に抑えることができたのは、フレッジの頑張りがあったからだ。

英『METRO』によると、試合後にフレッジも手応えを口にしていた。時間はかかっているが、プレミアリーグのスタイルに適応できると信じているのだ。

「個人的にはリヴァプール相手のパフォーマンスに満足している。リードを守ることができなかったのは残念だけど、僕たちは自信を持たないといけない」

「ここでの最初のシーズンは難しかったけど、リーグを変える時にはノーマルなことだ。ウクライナのリーグはプレミアほど強くない。ここは速いし、フィジカルも強い。ゲームを強くスタートし、強くフィニッシュする必要がある。90分間全力だよ。チャンピオンズリーグではいくつかのベストチームと対戦してきたけど、ウクライナからイングランドのフットボールに適応するには時間がかかる。適応できると信じているけどね」

リヴァプール戦でフレッジが手応えを掴み、それを今後の戦いに活かせるならば大きい。背後から強引にボールを奪い返すシーンもあり、フレッジの良さは出ていた。5200万ポンドの価値を証明する時間はまだ残されており、ここからが本番だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ