全ては香川真司へのクロスから始まった 若き天才のアシスト集を見よ[映像アリ]

ドルトムントのサンチョ photo/Getty Images

今ではブンデスを代表するチャンスメイカーに

今やブンデスリーガを代表するチャンスメイカーとなり、イングランド代表でも主軸になりつつあるドルトムントMFジェイドン・サンチョ。昨季リーグ戦で積み重ねたアシストの数は17で、今季も開幕3試合で2得点3アシストと絶好調だ。

ブンデスリーガ公式はそんなサンチョのアシスト集を紹介しているが、サンチョがドルトムントで初めてアシストを記録したのは2017-18シーズンの第19節ヘルタ・ベルリン戦のことになる。左サイドからフワリとクロスを上げると、中でヘディングで合わせたのは日本代表MF香川真司だ。サンチョの初アシストに絡んでいたのは香川だったのだ。

このシーズンは4アシストを決めただけだったが、すでに才能の片鱗は見せていた。縦へのスピードは抜群で、ドルトムントでもカウンターアタックの脅威となっている。また自身のゴールにこだわるタイプの選手ではないため、ゴール前で冷静な判断を下せるところも魅力の1つだ。自分でゴールを決めたいという選手も多いが、サンチョは常にフリーの味方はいないか探している。

昨季は開幕3試合で2アシスト、今季はすでに3アシストだ。昨季記録したリーグ戦17アシストを超えてくる可能性もあり、目指すは20アシストの大台だ。ストライカーにとって個人プレイに走らないサンチョのようなチャンスメイカーは最高のパートナーだろう。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ