”アトレティコのマルセロ“になる!? 忘れてはならないブラジル人DFの加入

今夏アトレティコにやってきたレナン・ロディ photo/Getty Images

早くも絶賛される能力

アトレティコ・マドリードは今夏にチームの顔ぶれが大きく変わることになり、FWジョアン・フェリックスやDFキーラン・トリッピアーなど各国の代表クラスを複数名加えた。

そんなネームバリューある選手たちの影響もあって少しばかり存在感は薄いが、アトレティコが加えた新たな左サイドバックも忘れてはならない。アトレティコ・パラナエンセから獲得した21歳のブラジル人DFレナン・ロディだ。

アトレティコの左サイドバックといえば、長くフィリペ・ルイスが務めてきたポジションだ。スペイン『MARCA』によると、フィリペ・ルイスはロディこそアトレティコ史上最高の左サイドバックになる選手だと主張する。

「彼の最近のプレイを見たけど、エイバル相手にアシストを記録していたね。彼は強いし、若く、学ぶ姿勢がある。何より彼は謙虚だ。彼が史上最高の左サイドバックになるんじゃないかと思うよ。そうなるための全てを備えている」

さらにアトレティコ・パラナエンセで指揮官を務めたこともあるミゲル・アンヘル氏も、レアル・マドリードDFマルセロを思わせると評価する。

「彼はシメオネのスタイルに適応するだろうし、フィリペ・ルイスのようにプレイするだろう。ただ、ロディはよりマルセロを思わせるね」

ロディはブラジル人サイドバックらしく、足下の技術も高い攻撃的な選手だ。まずは欧州の戦いに適応するところからだが、数年後には世界トップクラスの左サイドバックとなっている可能性もある。ロディの獲得もヒットとなるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ