怪我に泣いた“ガラスの点取り屋” 今も消えぬフットボールへの愛

フィオレンティーナでプレイしていたジュゼッペ・ロッシ photo/Getty Images

クラブからの電話を待つ

若い頃より天才肌の選手と言われながら、イタリア人FWジュゼッペ・ロッシは度重なる負傷に苦しめられてきた。怪我さえなければトップレベルの選手となっていたはずだが、ロッシは膝の怪我など重傷が多かった。

怪我と付き合いながら戦ってきたロッシも32歳を迎え、もうベテランの域だ。現在はフリーとなっているのだが、まだサッカーへの思いが消えたわけではない。伊『Gazzetta dello Sport』によると、ロッシは今もサッカーを愛していると語っており、クラブからの電話を待っているのだ。

「今は良い感じだし、上手くやっている。今もハードにトレーニングしていて、クラブからの電話がくることを待っているんだ。僕はフットボールを愛しているし、プレイを続けたいからね」

怪我のリスクは怖いが、ロッシの才能を活かせる場所はまだあるはずだ。ビジャレアル、フィオレンティーナでの好調時のパフォーマンスは見事だったが、再び輝く時はくるのか。今もロッシはトレーニングを続けている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ