武藤嘉紀は急いで結果を出すべし!? 地元メディアが警告する理由とは

ニューカッスルの武藤 photo/Getty Images

途中出場からでもチャンスを活かさなければ

ニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀は、17日に行われた第2節のノリッジ・シティ戦で67分から途中出場を果たした。今季こそはプレミアリーグで結果を残したいところだが、地元メディア『GEORDIE BOOT BOYS』は武藤に急げとメッセージを送っている。

急げというのは、ニューカッスルが今夏に長身FWアンディ・キャロルの復帰を決めたからだ。ニューカッスルにとっては歓迎すべき復帰だが、武藤にとってはライバルが増えた格好となる。キャロルのコンディションが整う前に武藤が結果を出さなければ、さらに序列が下がってしまう恐れがあると考えられているのだ。

「ニューカッスルにはドワイト・ゲイルもまだ残っている。スティーブ・ブルースにとっては良いニュースだが、武藤にとっては悪いニュースになるかもしれない。現状ではジョエリントンとアルミロンがファーストチョイスであり、その次に武藤だ。ただキャロルとゲイルがフィットした時、彼らは序列で武藤の上をいくだろう。たとえベンチからの出場だったとしても、武藤は他のストライカーがフィットネスを取り戻す前にチャンスを活かす必要がある」

ジョエリントンは今夏ホッフェンハイムから加わった大型ストライカーで、相棒にはパラグアイ代表のテクニシャンであるアルミロンが指名されている。彼らはブルースのファーストチョイスだが、2人ともまだ結果を出したわけではない。武藤にも十分チャンスは残されている。

昨季はリーグ戦1得点と悔しい結果となっただけに、今季こそは二桁得点を狙うほどの勢いが欲しい。ライバルは多いが、武藤はチャンスを活かせるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ