ループ弾の“ユーヴェ10番”を地元紙も絶賛「これがオレのユニフォームだ!」

新シーズンもユヴェントスでプレイすることとなりそうだディバラ photo/Getty Images

己の存在意義をプレイで示す

今夏最後のプレシーズンマッチで魅せたユヴェントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを、地元紙も大絶賛している。

17日に行われたプレシーズンマッチで、セリエCに所属するウニオーネ・トリエスティーナと対戦したユヴェントス。この一戦でCFとしてスターティングメンバーに名を連ね、63分までプレイしたディバラは、スコアレスで迎えた38分、華麗なターンで相手DFをかわし、振り向きざまに美しいループシュートを決めて見せたのだ。このゴールが決勝弾となり、ユヴェントスが1-0でトリエスティーナを撃破している。

格下相手ではあるものの、ディバラの鮮やかなゴールを欧州の各国メディアが絶賛。トリノに本社を置く地元紙『TUTTOSPORT』も一面で取り上げており、ゴール後にファンへ自身の背番号を見せつけたセレブレーションの写真とともに「『これがオレのユニフォームだ!』ディバラがユーヴェに見せつけた。ラ・ホヤ(ディバラの愛称)はPKをミスしたが、トリエステで行われたプレシーズン最後の親善試合で、見事なロブシュートで勝利に貢献した」と報じた。

今夏の移籍市場でも多くのクラブが獲得に乗り出しており、ロメル・ルカクとのトレードが噂されるなど、移籍話が絶えなかったディバラ。ただこれまで通りユーヴェ愛を貫き、新シーズンもチームに残留することとなりそうだ。そして、セリエA開幕戦を1週間後に控えたこの日、栄光の背番号「10」を背負う己の存在意義をプレイでも示してみせた。今後も多くの人々を魅了するパフォーマンスで、「ディバラが移籍しなくてよかった」と言われるようなシーズンを送ることができるのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ