サイドバックの選手が”ベッカム級”のクロス!? 異常なキック精度誇る選手とは

リヴァプールのアーノルド photo/Getty Images

ベッカム以来の精度と称えられる

元イングランド代表のデイビッド・ベッカムといえば、右サイドからの息を呑むほど美しいクロスで数多くのゴールをアシストしてきた名手だった。フリーキックやコーナーキックも担当し、ベッカムの右足がチームに与える影響はとてつもなく大きかった。

今、そんなベッカム級のボールを蹴る選手がサイドバックにいる。リヴァプールなどで活躍したダニー・マーフィー氏が絶賛したのが、リヴァプールDFトレント・アレクサンダー・アーノルドだ。アーノルドは昨季もアシストを量産していたが、今季開幕節のノリッジ・シティ戦でもお得意のクロスからゴールをアシスト。アーノルドの右足がリヴァプールに与える影響も大きい。

英『TalkSport』によると、マーフィー氏はアーノルドにサイドバックとは思えぬキック精度があると絶賛しており、ベッカム級の精度を誇るとまで語っている。

「トレントのパスやテクニックは長年我々がサイドバックに見てこなかったものだ。私にとってトレントはベッカム以来のキッカーだよ。彼のクロス精度はすでにベッカムと同じくらい良い。セットプレイもクロスも両方信じられないよ。彼のテクニックやパスはサイドバックらしいものではなく、MFの選手が持つクオリティだね」

アーノルドといえば昨季チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ・バルセロナ戦でもコーナーキックから一瞬の隙を突き、ディボック・オリギのゴールをアシストしたのが記憶に新しい。試合を積み重ねることで安定感も増しており、リヴァプールにとって欠かせないサイドバックになりつつある。

今後アーノルドはリヴァプールだけでなく、イングランド代表でもセットプレイを担当していくだろう。サイドバックの位置からベッカム級のボールを次々と供給していく。これが現代型の超攻撃的サイドバックの1つの形なのかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ