期待以上の久保に西メディアも首ったけ「プレシーズンで最も良いニュース」

フェネルバフチェ戦でも存在感を発揮した久保 photo/Getty Images

不調のレアルに一つの光明

日本代表MF久保建英が所属するレアル・マドリードは31日、アウディカップ2019の3位決定戦でフェネルバフチェと対戦。両チームで計8つのゴールが飛び出すオープンな展開となったが、5-3でフェネルバフチェを撃破。レアルはプレシーズンマッチ5試合目にしてようやく初白星を手にしている。

フェネルバフチェ戦で移籍後初スタメンが期待された久保だが、この日もベンチスタート。4-3で1点リードした73分から[4-4-1-1]のトップ下としてピッチに立った。すると、出場直後から積極的にボールへ絡んでいき、パスで試合のリズムを作る。85分には相手に囲まれた狭いエリアの中でも冷静さを保ち、ルカ・モドリッチとのパス交換からチャンスメイク。さらに88分には、惜しくもゴールとはならなかったが、ペナルティエリア手前から積極的にミドルシュートを放ってみせた。

フェネルバフチェ戦を報じたスペイン『MARCA』は、限られた時間の中でも存在感を発揮する久保について「パスを通すための鋭い目やいくつか賢いフットワークが見られた」と評価。そして「クボのパフォーマンスは、新たな契約に期待されたレベルをはるかに超えている。一つの光明だ」と綴っている。また、ここまでの久保の出来を高く評価してきたスペイン『okdiario』も「レアル・マドリードが彼とサインした理由はこれだ。フェネルバフチェ戦でもう一度リサイタル」との見出しで「(久保の加入は)ジダンにとって、プレシーズンで最も良いニュースの一つだ」と取り上げている。

ジダン監督はフェネルバフチェ戦後、久保をカスティージャ(レアルB)でプレイさせることを示唆すると同時に、今後もトップチームのトレーニングに参加させることも口にしていた。久保はこの調子で指揮官にアピールし、トップチームでの出場機会を得ることができるのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ