後半戦は”浪速のメッシ”を見逃すな! ワールドクラスのJ初ゴール決めた男[映像アリ]

ガンバ大阪の食野(左) photo/Getty Images

ガンバで徐々に存在感を増す

バルセロナFWリオネル・メッシと比較されてきた日本代表MF久保建英がレアル・マドリードへ向かい、Jリーグの舞台で和製メッシを見ることはできなくなってしまった。しかし、まだメッシ風味なプレイをする選手がいる。

Jリーグ公式が「浪速のメッシ」と称して注目したのが、ガンバ大阪でプレイする21歳MF食野亮太郎だ。覚えやすいインパクトある名前で、メシノ・リョウタロウと読む。どことなくメッシとメシノの響きが似ているようにも思えるが、もちろんそれだけで浪速のメッシと呼ばれているわけではない。

プレイでも食野は徐々に頭角を現している。主にJ3のカテゴリーでプレイしていたものの、5月にはJ1初ゴールを記録。トップチームでも存在感を放ち始めており、何より決めているゴールが美しいものばかりなのだ。

5月のサガン鳥栖戦で決めたゴールは左右両足を巧みに使った細かいタッチで密集を突破して決めたワールドクラスのゴールで、その後も鹿島アントラーズ戦などでミドルシュートからネットを揺らしている。

食野は1998年生まれの21歳で、年齢的には東京五輪を狙うことができる。中盤から前線にかけては久保や堂安律などタレントが揃っており、食野は今夏トゥーロン国際大会にもコパ・アメリカにも参加していない。ライバルは多いが、ここからの1年で序列をひっくり返せるのか。浪速のメッシが本格的に暴れようとしている。




●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ