コパ・アメリカもいよいよ最終決戦 ペルーのエースはブラジル撃破に燃える

チリ戦で3点目となるゴールを挙げたゲレーロ photo/Getty Images

「サッカーに“本命”なんてないんだ」

コパ・アメリカでペルーが決勝まで生き残ることを、いったいどれほどの人が予想できただろうか。グループリーグは1勝1敗1分で3位通過、最終節のブラジル戦では5失点の大敗を喫した。なんとか決勝トーナメントに進んだものの、準々決勝の相手は大会最多優勝を誇るウルグアイ。状況は絶望的とも言えた。

しかし、持ち前の粘り強い守備を前面に押し出したペルーはPK戦の末、ウルグアイを撃破。4日に行われた準決勝チリ戦でも試合を通じてハードワークを怠らず、前回王者を3発快勝で退けた。英ブックメーカー『William Hill』が大会前に発表したペルーの優勝オッズは出場12カ国中6位の「21.00倍」。決して優勝候補と呼べる存在ではなかった伏兵が、1975年大会以来44年ぶりとなるファイナルへ駒を進めている。

これには地元メディア『El Comercio』も「歴史的に新しいページを書き加えた」と称賛を惜しまない。ペルー国内はお祭り騒ぎだ。しかし、エースであるFWパオロ・ゲレーロに油断はない。『Omni Sport』によると、35歳のベテランストライカーはチリ戦後次のように語っている。

「チームは歴史を築いている。私はチームメイトを誇りに思っているよ。集中し、ハードワークして決勝にたどり着いた。決勝は非常に難しい戦いになるだろう。私はブラジルを大いに尊敬しているし、対戦できることは嬉しい。でも、サッカーに“本命”なんてないんだ。決勝では今日みたいな戦いを披露してみせる。人々は僕らをもっとリスペクトしてほしい。ブラジルが本命って言われているけど、ピッチの上ではそんなこと気にしないさ」

「大会はまだ終わっていない」、周囲にそう呼び掛けているようだ。優勝できなければ歴史に名を刻むことはできない。誰よりもこのベテランFWが理解しているのだろう。今大会でここまで2ゴールを記録している彼には得点王の期待もかかる。長年ペルーを支えた大黒柱はチーム、個人双方でタイトルを獲得したいところだ。

決勝の相手はグループリーグで大敗した開催国ブラジル。はたして、南米王者に輝くのはどちらのチームか。決勝は8日の5:00(日本時間)からエスタジオ・ド・マラカナンで開催される。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ