マンUにふさわしい選手なのか? 21歳のバランサーMFへの意外な注目

ニューカッスルのロングスタッフ  photo/Getty Images

21歳の若手も獲得リストに

先日獲得したクリスタル・パレスDFアーロン・ワン・ビサカ、獲得候補に浮上しているとされるレスター・シティDFハリー・マグワイアなど、マンチェスター・ユナイテッドが狙う選手は高額な移籍金を必要とする実力者ばかりだ。

しかし、その中に1人ニューカッスルの若手MFが含まれている。21歳のシーン・ロングスタッフだ。何とも特徴的な名前の選手だが、ロングスタッフはまだプレミアリーグで9試合しかプレイしていないセントラルMFを本職とする若者だ。なぜロングスタッフをマンUが追いかけているのか不思議に感じたサポーターも多いだろう。

英『Squawka』がロングスタッフのデータを紹介しているが、決して派手な選手ではない。昨季のパス成功率は80.89%となっているが、これはマンUのどのMFよりも低い。ただ、ニューカッスルは昨季チームの平均ポゼッション率がリーグで2番目に低い39.37%だった。この数字を考えると、ロングスタッフのパス成功率も悪い数字ではないというのが同メディアの考えだ。チャンスメイカーとは言い難いが、セーフティにはプレイできる。

一方の守備面では1試合平均タックル数2.23回を記録。これはマンUのネマニャ・マティッチ(1.84回)、スコット・マクトミネイ(1.04回)を上回る。今夏にチームを離れるアンデル・エレーラ(3.46回)には及ばないが、同メディアはエレーラに代わる闘犬候補として期待しているのだ。

エレーラの後釜候補として興味深い存在ではあるものの、それでもまだまだ原石といったイメージだ。トップチームでの経験も浅く、獲得へ動くのはリスキーかもしれない。しかし同メディアは技術、タックルと攻守両面で一定のアピールには成功したと捉えており、ポテンシャルを評価している。マンUが我慢してロングスタッフの育成に努めれば、2年ほどで急成長する可能性も考えられる。

マンUは今夏スウォンジーから同じ21歳のFWダニエル・ジェイムズを獲得している。ジェイムズは快速アタッカーとして期待されているが、こちらも将来性に期待しての補強と言える。若手を積極的にチェックしているのは間違いないが、ロングスタッフにも手を伸ばすか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ