[MIXゾーン]奥埜博亮が語った“ロティーナ・セレッソ”の強み 湘南戦で掴んだ手応えとは

湘南戦で先制ゴールを挙げた奥埜。前線での献身的なプレスが光った photo/Getty Images

「やられない自信を持ってプレイできた」

明治安田生命J1リーグの第17節が6月30日に行われ、セレッソ大阪が湘南ベルマーレに2-0で勝利した。

後半6分にDF松田陸のクロスのこぼれ球に反応して先制ゴールを挙げたMF奥埜博亮(セレッソ大阪)が、ミックスゾーンで報道陣の囲み取材に対応。「ボールがいい所に跳ね返ってくれて良かったです。ボールが来た瞬間はフリーだったので緊張しましたけど、空いているところにしっかり蹴れば入るかなと思って蹴りました」と得点シーンを振り返った。

また、奥埜は同じくミックスゾーンで『theWORLD』の取材に応じ、チームの守備が機能していることへの手応えを口にしている。

─セレッソの2トップの守備について伺います。相手のセンターバックにプレスをかけるというよりかは、ボランチにボールが入る瞬間に2トップのプレスが強まっていた印象があるのですが、実際はどのようなプランだったのでしょうか。


奥埜 「一度サイドにボールが入って、そこからボランチにボールをつけられてサイドチェンジされるようなことになると、みんなのスライドが追いつかなくなってしまいます。監督からはボランチ(へのパスコース)を切るように言われていました。仮にセンターバックにボールを戻されても、そこから(低い位置で)サイドを変えられるぶんには全員のスライドが間に合います。とにかくボランチを消すことを意識してやっていました」

─今日はその守備が機能しているように見えたのですが、試合中の手応えはいかがでしたか。


奥埜 「相手のボランチに対してはしっかりプレスに行けました。ただ、もう少しボールをどこで奪うかを明確にしたうえで、前に圧力をかけれそうな場面もあったと思います。できていた場面もありましたが、この点はもっと改善してチャンスを増やしていきたいです」

─(今季から指揮を執っている)ロティーナ監督のもとで守備の整備が進んでいる印象があるのですが、その点についてはどのように感じていらっしゃいますか。


奥埜 「守備に関しては、(今日の試合でも)しっかりブロックを作ったなかで相手に“やられない自信”というものを持ってプレイできました。前向きにボールを奪えないとただ(前後左右に)振られているだけの守りになってしまいますし、たとえボールを奪えてもその後の攻撃がきつくなってしまうのですが、この点が少しずつ改善されているのが(直近の試合での)良い攻撃に繋がっているんだと思います」

この日も[4-4-2]の布陣の2トップの一角でプレイした奥埜は、試合序盤から献身的なプレスを披露。幾度となく湘南のセンターバックのパスコースを限定し、藤田直之と木本恭生の2ボランチや、水沼宏太と清武弘嗣の両サイドハーフがパスの受け手にアプローチしやすい状況を生み出していた。第17節終了時点でリーグ最少タイの11失点と、守備の充実ぶりが光るセレッソだが、シーズン後半戦の台風の目となれるだろうか。


●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:インタビュー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ