スパーズは大型MFの穴埋めできていなかった エンドンベレが必要な理由とは

リヨンで活躍するエンドンベレ photo/Getty Images

エリクセンやデル・アリとは異なるタイプのキーマン

トッテナムが今夏追いかけているのがリヨンMFタンギー・エンドンベレだ。エンドンベレはフランス代表にも選出されている22歳のMFで、縦への推進力も備えるボックス・トゥ・ボックスの選手だ。

トッテナムにとって大きな補強になるのは間違いないが、英『Football London』はエンドンベレに特別な期待をかけている。それは、ムサ・デンベレの穴埋めだ。デンベレは2012年からトッテナムでプレイしてきたが、今年の1月に中国行きを選択。トッテナムはその穴を埋められないまま後半戦を戦ってきたのだ。

デンベレの特長は中盤での圧倒的なボールキープ、パワーを活かした1対1の守備、正確なパスなどだ。特に中盤でボールを収める点において高い能力を備えており、トッテナムに加入した2012年から608回のドリブルを仕掛け、その成功率は82.9%と極めて高い。同メディアによれば、2012年以降この数字を上回る記録を残したトッテナムの選手はいないという。

エンドンベレも縦への推進力があり、リーグ・アンではここ2シーズンで191回のドリブルと190回のタックルを試みている。デンベレも2016-17シーズンと2017-18シーズンには173回のドリブルと148回のタックルを仕掛けており、同メディアはエンドンベレならばデンベレの穴を埋められると期待している。

トッテナムは2018-19シーズンにチャンピオンズリーグ決勝まで駒を進めたが、デンベレが中盤にいれば戦況は変わっていたかもしれない。エンドンベレに求められるミッションは、ひとまずデンベレの穴埋めということになりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ